父さんはひとごろし ネタバレあらすじ 14話 感想 無料試し読み

母親でさえも狂っていた!

絶望で何も考えられなくなってしまったシュンはこれから…

 

 

エログロ作品の巨匠!

ノレソレ先生の最新作サスペンス

 

父さんはひとごろし

 

 

 

こちらから試し読みできます

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

 

父さんはひとごろし 14話 ネタバレ

母はソノベの車のナンバープレートや車検証など、車から持ち主に結び付くものすべてを手際よく回収しました

 

 

父とシュンはその間、ソノベを埋めるための穴掘り作業です

 

 

この両親は実の息子であるシュンにたいしてとんでもない事をいいます

 

 

シュンの自白で

お父さんが捕まったら許さない

お母さんは捕まったとしても

死体遺棄くらいなら数年で出られる

その後、どうなるかわかるな?

 

 

あきらかに脅迫でした

 

 

そして、この脅迫を本気で実行する親だという事はよくわかっていました

 

 

 

シュンはもう考える事を辞めました

 

何もなかったことにしよう

 

 

 

休日にはいつものようにマリとデートをし、親の件は何もなかったと伝えます

 

 

事件の関連を2話で怪しんでいた友人のノザキにも何もなかったと伝えます

 

 

ノザキは多少いぶかしげな表情をしたものの、それ以上聞いてくる事はありませんでした

 

 

無理矢理、自分の思考を押し殺して日常に戻ろうとするシュンですが、それを邪魔する者が出現します

 

 

記者のトカノです

 

 

父さんはひとごろし 14話 感想

両親の非人道的行動を見て、何もない事に…とかムリですよね

 

 

それにしてもトカノはこの25年ぶりの殺人の可能性を考慮したうえでたきつけたのでしょうか?

 

だとしたら、犯罪性はないものの一番の悪役キャラですね!

 

 

父さんはひとごろし

コミックフェスタで限定配信されています

なんと1話あたり60円

 

発売からすぐにランキング1位

超人気漫画なので

ゼヒ読んでみてくださいね(^^♪

 

こちらから試し読みできます

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

 >>父さんはひとごろし<<

 

父さんはひとごろし ネタバレあらすじ 15話 超悪女!感想 無料試し読み

↓無料アダルト動画はコチラ↓