父さんはひとごろし ネタバレあらすじ 7話 殺人犯と同じ顔のシュン 感想 無料試し読み

2度目のJKやってるセイナです(^^♪

 

JKだけど20代…

3度目はイヤだな

 

 

エログロ作品の巨匠!

ノレソレ先生の最新作

父さんはひとごろし

 

ついに本格的に父親を疑いだし

過去を探り始める7です

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

父さんはひとごろし 7話 ネタバレ

シュンは友人ノザキの家を訪れました

 

外はシュンの心境を表すかのように

すごいどしゃ降りです

 

 

シュンがノザキを訪ねた理由

目潰し連続殺人について

知っている事を教えてもらうためです

 

 

ノザキは雑誌やスクラップブックを

大量に持っていました

 

 

 

ノザキは語りだします

 

 

当時14歳だった少年が大量殺人を

起こした要因は2つ

 

ひとつは性と暴力が結び付く

歪んだ性癖を持っていた事

 

 

もう一つはサイコパスだった事

 

 

このふたつが大きな要因だと言います

 

 

サイコパスには良心を感じ取る力や

恐怖、恥を感じる脳の力が

著しく鈍感らしいです

 

 

犯人がサイコパスだという根拠は

犯人の供述からです

 

 

小学生の頃の彼のあだ名は

ほら吹きで自己中心的な事から

ホラチューと呼ばれていました

 

 

しかし、彼は嫌われること自体には

特になんとも思わないけど

不利益を被ることが多いと気付きました

 

 

そこで、イイ人を演じる事にした犯人は

あっと言う間に人気者になりました

 

 

良心、羞恥心、恐怖をもたない犯人にとって

それは簡単な事でした

 

 

サイコパスの典型的な特徴として

魅力的で口が達者、悪く言えば

ウソつきで打算的なところ

 

それらを兼ね備えた犯人は

犯罪を犯した後も

それ以降の犯罪者やプリズングルーピーという

犯罪者を崇拝する追っかけを産みました

 

 

さらに、目潰しをする理由についても

サイコパスの特質からだと言います

 

サイコパスは他人の目から

感情を読み取る能力が高く

被害者の目から絶望を感じ取ると

それを潰すことで興奮するのだとか

 

 

サイコパスについて一通り

説明を受けた後、シュンは

一番聞きたかったことを聞きます

 

 

「犯人は今、何をしているの?」

 

 

顔も変えているだろうし

名前も変えているし

さすがのノザキもわからないと言いますが

 

 

「オレは手がかりを持っている」

 

 

そう言いながら不敵な笑みを浮かべ

1枚の写真を差し出しました

 

 

アップで写っているわけではありませんが

ハッキリとその顔はわかりました

 

 

そして、ソレを見た瞬間

シュンは言葉も出ず硬直します

 

 

あまりに自分に似ている!!

 

 

父さんはひとごろし 7話 感想

ヤバイくらい似ています

 

ノザキが今までシュンに興味を

持っていた理由はこれだったんでしょうね

 

 

もう犯人は父親で確定でしょう!

 

 

父さんはひとごろし

コミックフェスタで限定配信されています

なんと1話あたり60円

 

発売からすぐにランキング1位

超人気漫画なので

ゼヒ読んでみてくださいね(^^♪

 

こちらから試し読みできます

▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽

 >>父さんはひとごろし<<

 

父さんはひとごろし8話ネタバレ

 

⇒トップページ

 

 

↓無料アダルト動画はコチラ↓